失った歯を取り戻す最先端の治療法インプラントは失敗しない

選ぶポイント

患者にレントゲン写真をみせる医師

重度の虫歯などによって歯を抜かなければならなくなった場合、従来は入れ歯やブリッジなどによって修復治療を行ってきましたが、近年これらと並んで普及が進んできたのがインプラントです。
インプラントとは金属製の人工歯根のことで、これを顎の骨に埋め込み、その上にセラミックなどでできた人工の歯を装着します。
自然の歯にさほど劣らない噛み味が得られ、審美的にも優れています。
また入れ歯やブリッジに比べて寿命が長いというメリットもあります。
ただし課題もあります。
それは高度な外科手術を伴うため、施術者の技術によって仕上がりに差が出ることがあるということです。
成功率は平均して90パーセント以上と高い数字を誇っていますが、一部の技術的に未熟な歯科医に係るトラブルの報告もなされています。

安全・確実なインプラント治療を受けるためには、信頼できる技術を持った歯科医を選ぶことが重要です。
そのため、口コミなどの情報収集が大切になってきます。
選定にあたって参考になるのが、認定医制度です。
これはインプラント治療に係る専門学会が実施しているもので、学会が定めた基準をクリアした歯科医にのみ与えられる資格です。
もちろん認定を受けなくても優秀な歯科医はたくさんいますが、1つの目安にはなります。
また最新のインプラント治療においては、コンピュータソフトを使った3Dシミュレーションや正確に骨を削るためのサージカルガイドといった安全性確保のためのさまざまな技術が開発されています。
こうした先進技術の導入に積極的かどうかも歯科医選びの目安となります。