失った歯を取り戻す最先端の治療法インプラントは失敗しない

オススメリンク

クリア歯科

インプラント治療なら京都で評判の高い専門医院で受けるのが最適です。良心的な価格で高品質な施術を行なってくれますよ。

愛媛インプラント

骨がなくても大丈夫です。松山のインプラントなら医師の提案で骨を補充し、質の良い治療を行ってくれます。

インプラント治療と設備

インプラントは大分のクリニックで受ける予定ですか。設備面や価格帯的に安心できるところを見つけたい人におすすめのサイトです。

医療機器

解決

歯並びの問題がうまく解決できない近年では、インプラントという方法が用いられています。差し歯などの中途半端な治療ではなく、歯の根っこと被せるものがセットになったものを植え付けるのが、インプラントです。

Read more

患者にレントゲン写真をみせる医師

選ぶポイント

虫歯が酷く、入れ歯やブリッジなどを入れなくてはならないという往来の治療方法とはまた違った治療方法がインプラントです。しかし成功率が90%以上であっても、技術的に未熟な歯医者によって失敗をするという一例もあるようです。

Read more

患者と医師

治療内容

虫歯を放置し続けると、歯だけではない部分にも影響が出てきます。もし歯を抜くということになれば、インプラントも視野に入れたほうが良いでしょう。自分の健康な歯の為に、早めに歯医者へ行きましょう。

Read more

他の治療法との違い

医療機器

歯が無くなってしまうと、見た目の印象も悪くなってしまいますし、食事の時も食べづらく不便です。歯が失って悩んでいる人は、インプラントを利用すると良いです。
インプラントとは、無くなった歯の代用として、顎に歯を埋め込むことです。人工的に作った歯根を骨に埋め込んで、その上に人工歯を被せる方法です。
人工歯は、天然の歯のように見た目はナチュラルです。
入れ歯のように簡単に取り外せるわけではなく、骨にしっかりと定着させるので、自分の歯のように違和感なく使えます。そのため第2の永久歯と呼ばれています。

インプラントは、歯を失った場合の最先端の治療です。この治療法以外には、入れ歯やブリッジがあります。それぞれの違いを理解しておきましょう。
入れ歯とは、歯を失った箇所に人工の歯茎を含めた、義歯をはめ込む方法です。周囲の歯にバネで固定することができます。
今までの治療法の中で、一番行われていた対処法なのですが、天然歯が無くなってしまうので、顎の骨が痩せやすくなるという注意点があります。
また、周囲の歯に負担がかかってしまったり、虫歯ができやすかったり、などの注意点もあるのです。

ブリッジとは、歯を失った場所に義歯をはめ込み、両側の歯と一緒に固定する方法です。両側の歯と一緒に固定するので安定感があります。
天然歯と外観が変わらない自然な歯を入れることもできますが、健康的な両側の歯を削らなければいけないので、将来的に周りの歯が傷つく可能性があります。
歯を失った場合の治療は様々ありますが、入れ歯やブリッジは、歯が動かないという共通点があります。
入れ歯の場合は、着脱することができますから、お手入れもでき清潔に保つことができます。しかし、その分違和感を感じる人も多いです。
ブリッジの場合は、両側の歯と一緒に固定するので、顎が細くなったり、歯並びが悪くなったりすることもあるのです。
それに対して、インプラントは顎の骨に埋め込み固定するので、顎が細くなることや不安定になることがありません。違和感無く天然歯と同じように噛むこともできます。
ただ、骨に穴を開けるという外科手術を行なう必要があるため、患者に負担がかかります。また、自由診療のため料金も高いです。

骨に穴を開ける外科手術が必要なので、簡単な治療ではありません。担当医は高度な技術だけではなく、豊富な経験も求められます。
歯医者なら誰でも外科手術ができるわけでは無いのです。そのため、より良い歯科でインプラント治療を受ける事によって、失敗する事がなくなります。
ですから、失敗しない治療をするためには、事前に、より良い歯科医のいる歯科を探す必要があります。
新しい歯を手に入れるためには、失敗のリスクが伴いますが、そうしたリスクを最小限にする事が出来るように現在では、なっているため、多くの人が失敗を恐れずにインプラント治療を受ける様になっています。
手術の失敗の数も現在では非常に少なくなっており、インプラント治療は失敗のない安全な治療法という認識が非常に強くなっています。
これには、失敗をしない治療を行うという事が必要であり、そうしたことを現代の歯科が適切に行なっている賜物だと言えるのです。
失敗をしないための方法も沢山存在しているため、インプラント治療を希望している人も、そうした失敗しない方法を適切に知ることが重要になっています。